ぐっちーの牧師室から

牧師ぐっちーの日々の気付きやメッセージを皆さんにお届けします。

日 常 生き方

話しても無駄、と直ぐに言わない

投稿日:2023-07-01 更新日:

川奈教会に昨年までILO(国際労働機関)の日本代表を務めていた方がおられます。今朝の聖書の学び会の中で、その方が発言くださった内容が非常に興味深いものでした。

ILOは国連が定める労働基準・労働者の権利を各国が守るよう推奨する機関です。https://www.ilo.org/tokyo/about-ilo/lang–ja/index.htm
労働者の権利が侵害されている様々な国や事例に介入して労働者の権利が守られるよう国に働きかけ変化を促していく。聞いただけで途方も無く難しいお仕事ですが、そんな活動をするILOにはお金が無い。つまり、お金を投入して譲歩を引き出すような手法が取れず、そもそも何の権限も無く強制力を発揮する手段が無い。そこで自分たちが使える道具は言葉だけであるとおっしゃるのです。

だからとにかく話し合う。時間をかけて話しを聞き、話しを聞いてもらい、何年・何十年とかけて言葉で伝えていくしかない。そして、そのようなILOの活動が世界中でたくさんの労働環境を改善させる実績をあげてこられたというお話しでした。感動しました。

国際関係においても、また私たちの身近な生活の中にあっても、話しても無駄。もう対話ではどうしようもできないと、直ぐに見切りをつけてしまうのです。でも本当に言葉が尽くされていると言えるのでしょうか。言葉以外に力を持たないILOがそれゆえに言葉を尽くして世界を変えてきた、勇気をいただくお話しでした。もっと詳しい事例を色々と聞かせていただきたいと思っています。

-日 常, 生き方


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

大きな問題の解決は小さな糸口の中に

私たちは何かの問題を抱えた時に完全な解決方法を求めてしまいます。スッキリ解決する方法があればよいのですが、解決策が見つからない課題が人生にはたくさんあります。そういう時に、決定的な解決策では無い小さな …

コロナ禍に思う、主語の使い分けによる誤魔化し

主語の使い分け 日々の生活の中に起こる様々な出来事において、主語の選択はその人の心の実態を表わし、生き方を決定づけるほど重要です。 例えば日本代表のサッカーチームが活躍すると、「私たちは一つ」とばかり …

特効薬では人生は変わらない話し

「バランス良く」が基本 川奈聖書教会の初代牧師 荒井基先生は日本女子大で長年栄養学教授としてご活躍され、60歳を過ぎてからその職を離れて川奈で新たに教会を立ち上げられました。母乳に含まれる免疫機能の研 …

現状を維持する仕事の価値

現状を維持する苦労 家事仕事の苦労はなんでしょうか。良く耳にするのは「感謝される機会が少ない」ということです。家事仕事の特徴は現状を維持する役割が多いこと。 例えば掃除は小まめにしないと家は直ぐ汚れま …

お金以外の財産

兼任している東伊豆町の伊豆教会でCDプレーヤーが必要になったのですが、信徒さん数人の伊豆教会にはお金が全くありません。そこでメルカリでジャンク品を安値で購入、自分で修理することに。 CDプレーヤーのジ …