ぐっちーの牧師室から

牧師ぐっちーの日々の気付きやメッセージを皆さんにお届けします。

子育て

子どもに教えるべき本物の「特別」とは

投稿日:2023-07-01 更新日:

親は子どもに「あなたは特別な存在」であると伝えたいと願うでしょう。大切なことです。しかししばしば「特別」の意味を履き違えしまうのです。

子どもの頃、空手を習っていました。ある日、通っていた空手教室の属する流派の大師範のお祝いの式典でこんな光景を目にしました。
大先生のお祝いの式典ですからその流派の偉い師範方が前に並んで厳粛な雰囲気で執り行われていたのですが、式の途中小さな子どもさんがチョロチョロっと前に出てきておどけた仕草をしました。途端に張り詰めた空気がゆるんで、前に並ぶいかめしい先生たちがニコニコと顔をほころばせたのです。そのお子さんは大先生のお孫さんでした。

その様子を見ていて今度は別の小さな子どもさんが、やはり前に出てきて同じようにふざけたのですが、そのお子さんを見ても先ほどのようにニコニコする人はおらず、しばらくして隅の方に誘導されてしまいました。そのお子さんは「普通」のお子さんだったからです。今でもとても嫌な光景として記憶に残っています。

子育ての中で子どもの「特別」の意味を履き違えないように気をつける必要があります。本当の意味での「特別」を教えるためには、子どもの立ち位置を「特別」にしてはいけないのです。

「普通」の子どもとは違って大先生の孫である「特別」な子どもは、そもそも他の子どもたちと立っている場所が違います。違う場所に立っているがゆえに「特別」であると自分を認識していた子どもが、その特別な立ち位置を失った時に経験するのは劣等感です。大人が与えてくれた下駄を履いて他の子どもを見下していた子どもさんは、下駄が無ければ自分を肯定できなくなってしまいます。
フラットな関係性の中で自らを肯定する力が養われていないので、普通の関係性の中に生きることができないからです。

つまり立場・立ち位置としての「特別」を与えられて優越感を経験することは、結果として子どもの健全な自己肯定感を損なわせてしまいますし、人間関係を構築していく上で問題を抱えてしまいます。
 

しばらく前に、ある学校で修学旅行の際にクラスの大勢の子どもさんが持っていけるお小遣いの上限を超えて持ってきて問題になったという話しを聞きました。親御さんたちの「自分の子どもだけには多く持たせてやりたい」という気持ちが働いたのでしょうか。
しかし、子どもにとって大切な経験はたくさんお小遣いがあるから楽しめる「特別」ではなく、決められた枠の中であれこれ考え工夫し得られる自分だけの「特別」な楽しさではないでしょうか。

子どもたちが本当に幸せを実感して生きられるように、親は子どもに与えるべき「特別」をはき違えないようにしたいものです。

あなたのたった一度の人生が素晴らしいものでありますように。

-子育て


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

豊かな人生を与える子育て 宝物を発見する子どもに

先日車の中でおしゃべりをしていて90代の信徒さんからこんな話しを伺い感銘を受けました。 自分で買った宝物のテニスラケット 戦前・戦中の貧しい時代、ご兄弟が多く苦労の多い家庭だったそうです。弟さんが高校 …

ぜいたくさせるのは子どもの幸せを盗むこと

買えなかったコントラバス 音大生の頃、私は大学の楽器をずっと借りて使わせていただいていました。コントラバスは持ち運びが大変なので、必要な学生には大学が良い楽器を貸し出してくれたのです。個人としては長く …

過ち・失敗のスパイラルに陥った時

「“しまった。失敗した。どうしよう”と思った時には必ず親に話しなさい」と自分の子どもたちに繰り返し話しています。 今年東京に旅立った娘には、別れ際にもう一度「“大変な失敗をしちゃった”と思う時があった …

子どもの感情を受け止める家庭の機能について

「気分循環症」「気分循環性障害」と呼ばれる感情の極度の不安定さに苦しむ方が増えています。要因の一つとして家庭の機能不全が指摘されます。 子どもにとって家庭は自らの感情を受け止め調節してくれる大切な機能 …

上の子を愛せないあなたへ

二人兄弟の次男として育ちました。教員をしている2歳上の兄がいます。コツコツ真面目に頑張る兄を尊敬していますが、それ以上兄との関係性について深く考えることはありませんでした。 しかし自分が親になり2人の …