ぐっちーの牧師室から

牧師ぐっちーの日々の気付きやメッセージを皆さんにお届けします。

生き方 番外編

小さなことに大きな可能性が

投稿日:

G-CLEF

【G-CLEF】というアコスティック楽器を使ったバンドが活躍していたのをご記憶の方いらっしゃるでしょうか。

あのG-クレフの中心メンバーだったヴァイオリニストの後藤勇一郎さんが、中学生の時に私のクラスに教育実習生として2週間来ておられたのです。音楽の授業だけではなく学活や給食の時間も一緒に過ごしました。

音楽は楽しいよ

ちょうど先生の教育実習期間に合唱祭があり私はピアノ伴奏者でした。

当時は「男子がピアノ弾くなんてカッコ悪い」という思いが強く、ピアノを習っていることを知られるのも、人前でピアノを弾くのも大嫌いだったのですが、後藤先生が「山口くん、ピアノいいじゃん。音楽はいろんなことできて楽しいから続けると良いよ」と声をかけて励ましてくださいました。

何か普通の人と違うカッコよさがある後藤先生の言葉が嬉しくて、止めたくて仕方なかったピアノを細々ながらも続けていき、その後音高、音大へ進学する一つのきっかけになりました。

先生にとっては何気ないちょっとした言葉だったのでしょうが、中学生の私にはズシリときましたし結果的に私の人生に影響を及ぼす言葉になりました。

後藤先生が教育実習を終えられる時に最後のあいさつで「私はG-クレフというバンドでデビューするんです」みたいなことをお話しになられて、デビューコンサートのポスターを教室に担任の先生が貼ってくださいました。
「こういうのは絶対売れないよな」とか言ってクラスのみんなとふざけていたのを思い出しますが!?、結局あれよあれよと言う間に大人気グループになり、一緒にクラスでお弁当食べていた後藤先生がその年の紅白歌合戦に出演し、演奏している姿を私は家のテレビで見るという驚きの展開でした。

小ささを恥じて

話しは変わりますが、私の大好きなマンガ「家裁の人」の第8巻で桑田判事が言っています。「私達が少年に対してできることは、小さなことです。だけど小ささを恥じて、それをしまい込む人が多過ぎるのです」

相手が抱えている問題の大きさと自分がして上げられることの小ささ、そのギャップがあまりにも大きすぎて絶望的な思いになることがあります。しかし、10の問題に対してたとえ私は1しか出来なかったとしても、1出来る人が他に9人いればその方に対して有効な関わりが成立するのです。

様々な課題を抱えた子どもたちとの関わり、家庭の問題や経済的な問題など、自分の無力さを痛感することが多くあります。それでも、私にできる1、教会にできる1をしまい込みたくはありません。

後日談

ある時、ヴァイオリンを学んでいる下の娘が葉加瀬太郎さんの演奏をネットで観ていたので、同時期に活躍していたG-クレフの後藤先生のことを思い出して、娘に話したら「すごいね~。私のクラスにもそういう先生来ないかな」と興味を示してくれました。

そんなこともあって、今先生どうしておられるかと思いインターネットで検索したら、ヴァイオリニストとして今も幅広くご活躍の様子。SNSで連絡をしたらお返事をくださいました。

それ以来、いつかコンサートに伺いたいと思いながらも、中々チャンスが無かったのですがコロナ禍でオンラインでのライブをなさるということで先週オンラインライブを視聴することができました。

完璧なテクニックと豊かで心に響く音楽性、そしてクスっと笑ってしまうようなユーモア。本当にステキな演奏でした。

↓のサイトでCDや次回のオンラインライブの予定など見ることができます!

 

-生き方, 番外編


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

中村哲さん写真展を通して信頼について考える

伊東市役所のロビーでアフガニスタンで銃弾に倒れたクリスチャンドクター中村哲さんの写真展とドキュメンタリー番組の放映会があり、家族で足を運びました。 放映会の中で、本のタイトルにもなった「人は愛するに足 …

問題を抱えながら生きる

人生様々な問題があります。私は牧師ですので色々なご相談をうかがいます。相談されるということは当然問題の解決を期待されているわけですが、解決に繋がる具体的なアドバイスはそう簡単には見つからないものです。 …

コロナ禍に思う、主語の使い分けによる誤魔化し

主語の使い分け 日々の生活の中に起こる様々な出来事において、主語の選択はその人の心の実態を表わし、生き方を決定づけるほど重要です。 例えば日本代表のサッカーチームが活躍すると、「私たちは一つ」とばかり …

佐村河内氏の事件に思う

(2014年2月 旧牧師ブログより再掲)交響曲第1番「HIROSHIMA」などの作曲で知られる佐村河内守氏の主要作品の大半が実は作曲家・新垣隆氏によるものだと分かった事件が連日大きく報道されています。 …

話しても無駄、と直ぐに言わない

川奈教会に昨年までILO(国際労働機関)の日本代表を務めていた方がおられます。今朝の聖書の学び会の中で、その方が発言くださった内容が非常に興味深いものでした。 ILOは国連が定める労働基準・労働者の権 …